膝蓋骨骨折から9ヶ月も過ぎようとしている頃に抜釘手術がありました。
その間それほど大きく筋力アップがあったわけではありませんでした。
自転車に関しては半年ほどでspdペダルの復帰、AVが往時の80パーセントになるまでに大体8ヶ月ほどかかっています。
筋力の方は公共施設での下り階段は7〜8ヶ月ほどで通常のように下ることが出来るようにはなりました。
家屋等の落差の大きな階段ではひょこひょこながらもなんとか補助無しで下りられるようになったのは術後8〜9ヶ月といったあたりでした。

また、完全に間違えたのが固定ピンの数でこれは3本でした・・・。
4分割で4本と思い込んでました。実際は縦割れの方は上手いこと斜めに入れて固定されておりました。

術後4日ほど、頭痛と腰痛にみまわれました。退院当日は全然問題ありませんでした。
どうも、腰椎麻酔によるものだと思います。やや焦りました。日に日に少しはよくなっていく感はありました。

抜釘後の経過というのはサイト上で多くは見られません。おそらくそれほどネタが無いんだろうなと思っていました。
実際その通りで余程のことが無い限りは日に日にワイヤ抜いた辺りと、切り口の痛みは引いていきます。
一週間程したら抜釘前の状態に戻りました。
さすがに3本ワイヤ抜けた後ですと、力を込めた時の突っ張りも無くなり、ぐいっと力を入れたときに痛むことも無くなったのは大きいです。
しかしながら筋力が増強されたわけでもありませんで、力を入れながら体重を支えつつ膝を曲げていくと、
出力Max時での膝限界角度に達すると痛みは生じます。


※今思い返すに骨折時の手術の腰椎麻酔の切れたあとの激痛は筆舌に尽くしがたい。
これは痛いという表現では、そのものではなくて、痛いのだけど何か違う感覚が脚を襲って声を出すとかバタバタ動かさないと耐え切れないような、
とにかくなんともいえない。間違いなく記憶のある中では人生で一番の肉体の苦しみでした。
その苦痛は次の日になっても最大時の3割くらい残り、人が側にいて会話の必要があるとかなりうっとおしくなり排除したくなるという。

それを思うに抜釘手術後はかなり楽な部類に入りました。楽といっても麻酔が切れるまでの固定された姿勢のせいで腰痛にはみまわれました。
また、悩まされた腰痛、頭痛は1週間も経たない間に嘘のように消えました。

 手術終了間際に内部金属の持ち帰りを
希望するかどうかたずねられましたので、
下さいと即答しました。
一つは耳かき、2つは模型用精密工具へと
姿を変えました。
抜釘手術から半月ほどたちました。以前よりも体重をかけやすいため筋力が上がりやすいのか、ワイヤが障害になっていて出来なかっただけなのかは分かりませんが、
自転車の立ち漕ぎが、あまり力が加わらないものの、数回は出来るようになりました。下り階段もひょこひょこながら以前よりも降りられる位には回復しました。
 膝蓋骨骨折から1年4ヶ月ほど経ちました。
おおまかな経過によると1年でも脚の萎縮がみられるそうで、私もそれに当てはまり左脚は細いままです。
日常動作で大きく占める階段の下りは交互に降りることにあまり意識しないようにはなりました。
しかし、左脚で支える時間は意識しないと短くて右脚に荷重が強くかかってしまいます。

(時間を戻し、骨折後1年経ってから愛知の深山の秘瀑、布滝沢布滝に行ってまいりました。バイクを原2ながら復活して往復7時間、山中を4〜5時間歩きました。
重大な局面では左脚は使えないながらも、ペース配分を間違わなければ以前と同じ行動半径が取られるまでになりました。
歩行に関しては平坦地では20km可能になっていました。)

現在の脚力は自転車ですとAVであれば、9割復帰まで来ました。ただし右脚で結構カバーしてる感がありますので、8割ほどの筋力回復かと思います。
問題としてはどうも持久力や心肺機能の衰えも顕著なようで、終日動き回るような局面ではその後2,3日は脚が重いです。
また、平坦地100km越えがきつくはないものの疲れが残ります。これは、補給、ペース配分を気にかけても変わりません。
峠越えを4,5回するような100km越えはやれる気がしません。
 以下は旧掲示板より抜粋です。推敲して書き直しも考えましたがしかし、クソ面倒なのでやめました。

あれからそろそろ1年(※骨折後2年経過)になろうとしている。
んで肝心の脚は
自転車は流す感じだと
骨折前より平均で2〜3km/h遅い。
これはもう2年近く真面目にリハビリしているとしても
少なくとも1年間は主観的には頑張ったといえる、
しかし客観的には1年サボっていたと同じ筋肉状態である。
まあ年齢考えたら1年間トレーニング不足は致命的である。

歩くとか山歩きは今のほうが歩いている感はある。
といってもこういうのはペースと補給次第なので
なんともわからん。

走るのは全力疾走はもうやるほどの歳でなし、
軽く走るくらいは難はない。
といっても1kmも走りたくないけど。

これはもう致し方ないことで重大な局面では、
最大出力を出したらヤバいので
そういうのは避けるように気をつけている。

そういうわけでまあ時折コキコキ鳴るのが気になるが
良好ということだろう。

中には膝蓋骨骨折で悩んでいる人がいるかもしれない、
自分は深刻ではないがMRIとかでもし
精密検査をしたらどこか損傷があるかも知れない部類である。
自分で勝手に決めたことではあるが
人工関節の耐用年数20年として、
今の状態で保存療法をして老齢まで耐え切れればいいと思っている。
その後痛みとかが苦痛になれば手術すると思う。

そういうわけで、まあ1年たっても思わしくなくても
2年目もリハビリ継続すればやった分結果は出ます。
3年目もきっと結果は出るだろうと信じて

まあ続けていこう

 気がつけば骨折から2年と少し過ぎました。 日常では同じ角度で長時間座っていられないという不都合以外は、 全く問題ありません。
しかし、日常外で膝が耐えられるギリギリの角度で、 支えられる負荷を超えると痛みます。 ついつい頑張ってしまうと深刻ではないものの、 痛みが残ることもあります。

あと、バイクではちょっと速くコーナー曲がりたくても 右コーナーでは左足で車体の押さえ込みが効き辛く、
どうしても右脚の荷重を意識しないと危ない感じになります。
ダートで大丈夫だろうと思って走行したはいいのですけど、 その後一週間くらい階段で膝の一定角度で 軽い引っ掛かりがあってそのときは焦りました。
無くなったか良かったですけど。 その時は整形外科に本気で行こうかと。

山登りなんかは骨折後1年〜2年は小股ばかりで あまり気にしておりませんでした。
最近急斜面で短い区間だったので大股で登ったところ 案外登ることができました。

2年過ぎたら歳も考えるとそろそろのびしろ無くなるかと弱気になって、 やや不安な部分はあります。
しかし実際には伸びる部分はあるみたいでまだまだ希望を持っております。

 骨折後3年半以上経ちました。残念ながら関節周りの完全な復活には至りそうにありません。
特に膝を90度以上曲げた場合の活動の回数が大きいと階段等で後で軽い痛みが生じます。
また、フルに筋力を使った場合膝曲がり角度が大きくなるほど後に数分痛むこととなっております。とはいえ日常動作で問題になることはありません。
よく運動した後階段で膝がコキコキなることはありますけど。

骨折した片足だけで立った状態から膝をフルバンクすることかなわずです。
しかしながらCMで見た椅子に座った状態で片足だけで立つことは余裕で出来るようになっていました。
また、少しずつながら、膝を曲げる時にフル荷重したときの生じる痛み具合は以前よりも深い角度になっていってはいます。
この辺りは加齢が元の筋力低下が先で筋力復活が追いつかないかもしれません、しかし筋トレは続けております。
一生リハビリな感じです。