鉄礬柘榴石

三河の柘榴石といいますと宝石級の輝きを持ったものや、
多面体の形状がはっきりしたものが産出されました。
残念ながら名のある良い産地の殆どは立ち入り禁止か環境保全区域指定となりまして
採集不能となってしまいました。
まず、柘榴石とはどんなものか知りたくて今でも(2015初夏)採集可能な産地を調べました。
鉱物採集歴は極浅いものの、長く林道やら険道探索してまして
そのおかげか場所的には難しいところではありませんでした。
地元三河鉱物マニアの間では細々とながら長く人気を保っているようです。

結晶はせいぜい形のいいもので1〜4mm、
5mmともなってくると割れやら彩やかさに劣ります。
光を当てたときの赤みの綺麗さから長く愛されているようです。

低地登山で拾いもの編

三河で低地登山をしておりますと、
雲母、電気石、それらより頻度が落ちながらも
柘榴石のついた転石を見るのはさほど珍しいことではないです。
といってもあまり結晶がしっかりしていないものに限られます。

ここより紹介していくものは
まあ鉱物採集の大変さがよくわかりまして、
山歩いて偶然見つかったらめっけもんくらいの心境になった後のことで、
見ていただいてもそれほど面白みの無いものだろう気がします。
その旨、予めお断りをしておきます。

山道ほっつき歩いていましたら、ところどころで怪しい岩肌が目につき始めまして、
とどめに柘榴石ゾーンに出くわしました。
崩落でのものか、かつての夢のあとなのか半々くらいの感じで
所々岩肌見られるも落葉絨毯。
さばくって転がってる石を2個ほど拾いまして
家帰ってかち割ってみましたら群晶とはいかないながらもひしめいておりました。
風化やらなんやらで錆サビでして軽めのさび取り剤使用してみました。
残念なことに浮きサビ程度では済まされておらず、
内部に及んでましてボロボロと相成りました。

かえって踏ん切りがつき、掘り込んだら群晶部あるやもしれんいうことで、
ガリガリ掘りましたの画像です。
残念ながらこれでもかという群晶部はありませんでした。
とはいえこの程度でも自分レベルでは奇跡的ではあります。

雲母、電気石

雲母も電気石も珍しいものでもないながら、三河の山中山歩きレベルでは持ち帰りたいくらいのものといったらまずないような気がします。
紹介する画像は(柘榴石は除いて)まとめて1つの石でして雲母が一塊が最長部で2cm、
電気石がこれまで見たのはまともな結晶はシャーペンの芯くらいで、完全体とはほど遠いですが1cmを越えて一部半光沢表面が見られたので拾いました。
画像にしてみて改めて思うにたいしたもんではございませぬ。
一応電気石を確認しましたのでどっかに柘榴石でもと思いつつガレ場山道で見たところ、
石英に沈んだ小さなものがポツンと1つ。
画像のモノが見つかったところは一帯をかつて大先生がえらい勢いで調査採掘発表されたという話があるようなないようなで、
それを反映してか、わかりやすいような山道ではどうも崩落だけでは片付けられない、
だれかの夢のあとだよなあという疑惑がありました。

中津川なんかのペグマタイトやらかつての吉良で採られたようなものとは程遠いですが
これも一応はペグマタイトといえる、のかもしれません。

柘榴石つづき

不勉強なものでどんな種類かは分かりません、
風化だとか劣化かと思われますがますがピンク色。
実物は画像よりも色味は薄いです。
法面崩落で側溝に転がっていました。
他は満礬柘榴石1mm以下クラスのものが転がっていました。
ただし風化でボロボロで石の割れと面イチで割れてました。

下画像のものは文献やネット上でもノーマークらしき場所で転がっている石を見たら柘榴石で、比較的新しい時期に割れたようで、
新鮮さが残っておりました。ここまで角が残っているのはここで拾ったもののみです。ただし大きさは3mmサイズが1つのみです。
周りを見渡しても有力な岩肌も無くピンポイントか、或いは豪雨で林道の砂利が流され、下に敷く石が浮いて出たということかもしれません。