鉱物ネタ 三河平野部の水晶編

三河の平野部で主に花崗岩、片麻岩帯では水晶は大きさを問わなければ(0.数〜5mm程度まで)ちょこちょこと見つけられることが出来ます。
実際のところ低地登山して道の法面崩壊をよく見てみますとたまに石英脈の空間に極小水晶が少しだけ見つかるとか、
道歩いてたら怪しげな岩肌だなあ思って転がってる石をひっくり返すとこれもまたほんのわずかながらキラキラ光る結晶が見て取れます。
話によるとかつて鉱山業が盛んだった頃はそこそこ大きめのやつが見つかったりはよくある話だったそうな。

水晶が気になり始めた頃が2015厳冬期だったこともありまして奥三河に入ること困難で、先ずはどんなもんかなあと、
三河平野部で名前のある場所に行くこととしました。山間部入り口といったところです。
詳しい場所の方は名のあるところは殆ど壊滅的状態な感じでして、それでも見る人が見れば見つかるのかもしれませんけど、
私のサイトに影響力があるのかは甚だ疑問ながら、公表するのは気が引けますので伏せておきます。

といってもこの場所は既に諦めの境地かは知りませんがあまり隠し立てはされておらず、少し調べればすぐに分かるようなところです。
ここで小さな道具を使って採集してきました。画像は6mmという極小水晶です。
その他下画像は3mmあればいいくらいの極小水晶の母岩付きです

三河平野部の水晶場所が分からず探した編

実物を採集して手に取ることの出来たのは嬉しいものながらも、
さすがに6mmという小ささではなんともな感がありまして、
他の水晶産地を調べ、採集続行となりました。
山自体はすぐに分かったものの、採集ポイントは全く判明せず。
というわけで現地に行って探索することに。

とりあえず山道を歩いてみるに、所々石英の大きな塊が転がっておりました。
しかしポイントは分からず。
仕方ないので山腹を回りこんで、怪しげな場所を探しました。
中には人為的に割った岩肌が見られました。
但し外れっぽい。
そんなのを見つつ周囲を2/3周ほど回っていい加減見つからんかも知らん思いつつ
敗北して帰るのもいやだという意地がせめぎ合っておりました。
数時間歩き回りヘロヘロになりつつ、足元よく見るとダニが数匹・・・。
真冬だっちゅうに。

そこに来てようやく明らかに怪しげな岩が見つかりました。
よく見ると横に掘った小さな穴がありまして土を掻き分けると、
キラキラ光る小さな粒が見て取れる。
あまり手ごたえが無いのを考えるにどうやら以前掘られた跡のようでした。

諦めてありそうなラインを探してみたところ怪しいところがありまして、
どうも風化で岩肌が素手でもいけるっぽい。
グイッとこじったら極小さな5cm四方くらいの晶洞が見つかりました。

下画像は最長でも1.2cmほどの小水晶です。肉眼ではあまり延坂のものと違いが分かりませんが、拡大してみますと延坂よりも表面光沢の度合いが小さいことがわかります。
また、小さすぎて撮影したものを見るまで細かなほこりに全く気づかなかったという。
この場所はすっかり忘れ去られた場所の様子で、どうも掘りつくされた跡の上に落葉が堆積したようです。10m四方は落葉絨毯の感じで落ち葉を払って土を覗いてみると場所によっては極小さな水晶の粒が光っておりました。
そこで、岩の続きを類推して落ち葉を払い少し掘って見ました。するとやはり岩が埋まっておりまして片麻岩の様子でこじってみましたらボロッと崩れました。
よく見るとわずかな空隙が見てとれ、更に剥がしたところ、下画像の母岩幅は最長5cmの小群晶がくっついておりました。
下画像のこのまた下画像は逆側から撮影したものです。見づらいですが角断面の母岩上面と横面に水晶がくっついています。
他下画像は母岩長さ2cmほどの更に小さな群晶です。水晶長さ5mmを下回りますとその殆どが透明水晶でした。
結局のところ平野部からの山間部入り口付近の低山で名のあるところはすでに掘り尽くされた感がありまして、(場所によっては宅地造成で丸ごと水晶がなくなったところもあります)
どうしても、せめて2、3cmの水晶をということで延坂に向かうこととなるのでした。

鉱物ネタ 奥三河の水晶編

延坂に行ってはみたものの、どうにも群晶取れないので
他の産地にないもんかと、色々調べました。
しかしながら、場所の特定するのも一苦労で、どこか行くついでにあっちこち探し回りました。
こちらの水晶もそんな感じで5度ほど何かのついでに探し回りました。
苦労して見つかったものの夢のあと。
ぼっこりと掘られた後のような感じで岩肌の流れが切れてました。
諦めもつかず相変わらず下掘って小さいのを見つけましたというところです。

この場所かはわかりませんが一時期この地方の群晶が売りに出されてまして、
それは、これよりも多くの水晶がこれでもかとひしめきあっている群晶でした。

画像はカメラの都合上でオレンジが綺麗に見えてしまってますがこれほどでありません。
こちらの水晶は奥三河でも、延坂と同じような花崗岩帯に属するものです。
そういうわけで水晶のスタンダードともいった変わり映えの無いものです。
どうも古い地層に溶岩が流れたような感じで水晶が倒されたように思います。
といっても専門家ではありませんで本当のところは不明です。
透明度が高いと裏側を反射して地が黒いと煙水晶?と騙されます。

結局延坂無理、他のとこ行こう。でも他のとこ行っても無理、やっぱり延坂しかないのか?
という流れでした。

変り種

法面崩落を覗いてみると少しだけ

例によって山ほっつき歩いていましたら法面の崩落がありました。
〜こういうのはそう珍しいもんでもありませんで特に片麻岩が目立つようなところは
小規模なら年に数回はあります。
そういうわけで鉱物が気になりだしてからは崩れていたら観察する癖がついてしまいました。〜
よく見ますと小さな晶洞のついた大石が転がっておりました。

可能性が高いわけでもなく、希に石英脈の小さな間隙に、
これまた小さな水晶が数個ほど見つかることがありました。

もっとも強運の持ち主であれば見事なブツを拝められるのかもしれません。
紹介するものは1cmあればいいくらいのモノで透明度の高いものは2〜5mm程度のものです。

これで三河の花崗岩帯に属すると思われる水晶の紹介は終了です。
次からは奥三河の花崗岩帯ではないところからの水晶の紹介をする予定です。